読者を虜にするキャッチコピーの作り方、◯◯に訴えかろ!

こちらの記事では検索エンジンにおいて読者をつかむ、記事タイトルの「キャッチコピーの作り方」についてご紹介していきましょう。

こちらでいうキャッチコピーというのは、文章の素晴らしさを引きたてるための“煽りワード”のことです。具体的に言えばこんな感じのことですね!そうだ!◯◯へ行こうみたいな感じですね。

いつもの味気ない記事タイトルだと読者をゲットできる可能性が少なくなってしまうかもしれません。しかし魅力的なコピーを添えているだけで記事のCTR(クリック率)がすごく変わり、よりいっそう多くの読者に読んでもらう記事にまとまることも考えられます。

かもネギくんかもネギくん

ふむぅ。キャッチコピーって大事なんだ。

キャッチコピーの作り方はたった3個

ターゲットのお悩みパターン

うどんおじさんうどんおじさん

ターゲットの悩みを代弁してあげると、共感を呼んで惹きつけられる文章に仕上がるよ!

よくあるターゲットのお悩みを代わりに伝えるタイプのキャッチコピーです。

お悩みのキャッチコピー

1.キーワードにお悩みのあなたへ
2.しつこい黒ニキビでお困りの方へ
3.毎日立ち仕事でお疲れのお母さんへ
4.資産運用をお考えの定年退職したお父さん方へ
5.大学進学費用が心配なお母様へ

のような感じですね。

そうしてあげることで読者は「あっ!自分のことを言ってるんだっけ?」と思って、記事のタイトルをクリックしてくれる可能性がアップします。

かもネギくんかもネギくん

確かに自分に言われてるみたいでハッとなるな~

こちらは簡単ながらとても効果のある方法ですね。共感の1文をプラスしてあげるだけで読者というのは関心を向けてくれるので、流入のチャンスはアップしてくると思いますよ!

ターゲットの不安をかき立てるパターン

うどんおじさんうどんおじさん

ターゲットの不安を煽って読ませるのもかなり効果的なんだよ!

いままでとは逆で、ターゲットの不安を刺激して行くとかなり効果を発揮するキャッチコピーができあがります。

不安をかき立てるキャッチコピー

1.本当は30代の7割がAGA予備軍!?
2.階段で息が上がるのは危険のサインかも!
3.その利息、もしかして過払いかも?
4.これを知らないと一生の大損かもね!?
5.メルマガは稼げない!

ターゲット不安を上手く呼び起こすと「え、本当に!?」という驚きが生じる一方で、「これはチェックしないと…」という脅迫観念的なものが出て来ます。それで記事が読まれやすくなってくるのですね。

うーんちょっと怖いね~

それに比べこれもとても有効なキャッチテクニックです。しかも否定的なキャッチコピーというのは検索するユーザーもたくさんなので、ロングテールも拾いやすいんです。

そういうわけでターゲットが気の毒…なんて情けはいりません。さらに不安に刺激をあたえていくことが重要です。

うどんおじさんうどんおじさん

不安の煽りすぎも良くないと思うけどな!

ちなみにうどんおじさんはキャッチコピー作りをする上で以下の書籍を参考にしてきました。ここでは話しきれないようなキャッチコピーテクニックがいっぱいありますので、タイトルキャッチによく困っている人は押さえてみてくださいね!

誰でもすぐにできる 売上が上がるキャッチコピーの作り方 (アスカビジネス)

ターゲットに期待を持たすパターン

ラストにターゲットに期待感を与えるタイプのキャッチコピーです。これは売りたい商品を形容して凄みを引っ張り出したい際にもよく活用しますね。

このキャッチコピーをプラスするだけで、◯◯に凄みをプラスすることがカンタンにできます。

期待感を持たすキャッチコピー

1.最新の◯◯
2.画期的な◯◯
3.◯◯の最前線
4.今までになかった◯◯
5.◯◯という全く新しい考え方

すると読者としては「なんとなくこの記事凄そうだな!」と感じてチェックしてみたいと思うものです。そういうわけで簡単に読まれる記事に作り上げていくことの出来るというわけですね!

かもネギくんかもネギくん

ほう!これは確かに簡単で便利かも!

PSこれらのキャッチコピーはすべて「バカ売れキーワード1000」からピックアップしてきたものです。アフィリエイトのタイトルを考える上でかなり便利なので、持っていて損はないですよ!

まとめ

うどんおじさんが使っているキャッチコピーの作り方はたったこれだけです。

ハッキリ言ってユーザーの悩み・不安などをこちらがキッチリ認識しておいて、それに共感したりけしかけたりして行くとすごいキャッチは出てきます。なのでペルソナ設定(ターゲット設定)をちゃんと出来ていれば、これらも自然とできてくることかもしれないね!

キーワードプランナーなどによるマーケット戦略、ユーザーへのヒアリング・アンケートなどを地道に行っていれば、ペルソナは確実に固まってくるものです。

そうしたらそのペルソナがどういう煽りにデリケートなのかをイメージして、タイトルのキャッチコピーとしてプラスしてあげましょう!これなら、狙ったターゲットが食いつくようなすごいキャッチコピーが誕生するはずですよ!