アフィリエイターが読むべき「ペルソナ設定」方法とは?

アフィリエイトをしているとよく聞くのが「ペルソナ設定」という言葉ですよね。

「ペルソナ」とはターゲットユーザーの理想形のことです。例えばこのサイトでは「アフィリエイトで月3万の壁を超えたい人」「アフィリエイトの始め方がよく分からない初心者」をペルソナとしています。

こんな感じで商品を売りたいペルソナを明確にしてサイト作り・記事を書けば、ペルソナに近いユーザーから圧倒的に支持を受け、売上を伸ばせるサイトへと成長させていくことも可能ですよ!

かもネギくんかもネギくん

うーん。なんとなくはわかったけど、まだぼんやりしてるな…

うどんおじさんうどんおじさん

じゃあペルソナ設定についてもう少し具体的に話をするね!

そこでこの記事では、アフィリエイトのペルソナ設定の重要性について具体的にご紹介しましょう! 

↓サイト作成を想いのまま!↓



ペルソナ設定の重要性

うどんおじさんうどんおじさん

まずはペルソナ設定がどうして重要なのか話をするよ!

ペルソナ設定をしてターゲットを明確にすることはとても大切です。

なぜターゲットを明確にするのか、それのみで読みたくなるサイトに仕上げることができるからです。また、ある程度ターゲットを限定したほうがライバルを避けて読者を捕まえられるし、目にしてもらえた時の成約率もアップするのです。

ペルソナが明確化しないと…

ペルソナが不明確な例

  1. 20代の女性
  2. 脱毛がしたい

ペルソナがあいまいな状態では売れないサイトになりやすい傾向にあります。

例えば「脱毛」の記事を書こうと思った時に、ターゲット顧客を「20代の脱毛したい女性」みたいに大ざっぱに絞ってはNGです。このまま記事を書けば「脱毛するならここ!私がおすすめしたい脱毛サロン5選」のようなブレブレのタイトルになるでしょうし、コンテンツもあいまいな脱毛話になりますよね。

これではターゲットを捕まえることは不可能、やはり上位表示はできないです。「脱毛サロン」「おすすめ」みたいなビッグワードで記事を書いているところはいっぱいありますので、競合全て圧倒しないとあなたの記事は見てもらえません。トップアフィリエイターでないとこれは無理ですね。

ちなみに、これはアフィリエイト以外でも同じことが言えます。例えば脱毛専門店Aのお店の前で客引きをするとして・・・

その時に「女性のみなさーん!夏になる前に脱毛しませんか?」と道行く人に声かけをしても、だれか足を止めてくれますか?これでは自分に言われている実感がないので「脱毛しなきゃ!」と思う人はいませんよね!

こんなに、あいまいなターゲット設定では、自分ごとだとだれも思わずに無視をされてしまいますよね!

ペルソナを明確化すると

ターゲットが明確だと

  1. OL
  2. 夏までに脱毛したい
  3. 綺麗な水着がきれる
  4. 美容にお金をかけてもいい
  5. Vラインが特に気になっている

一方でペルソナを明確だと、狙ったターゲットから圧倒的に支持してもらえるサイトへと変化します。

先ほどは「20代の脱毛したい女性」としていましたよね。これは僕なら「綺麗な水着を見せたいので夏までにVラインを脱毛したいOL」のように、かなり明確に絞り込みます。

あいまいだったペルソナがかなり鮮明になってきました!こんなペルソナ設定をしたなら、記事タイトルはこんな感じですね。水着のVライン大丈夫?今からでも夏に間に合う脱毛サロンは?

うどんおじさんならこんなタイトル設定をしますね。まずはユーザーの困っていることを代弁して、それに対する解決策を示してあげることです。

先ほど設定したターゲットの女性が現れたら必ずクリックしてくれるタイトルに工夫しましょう!

かもネギくんかもネギくん

つまり顧客を狙い撃ちしていくわけか(メモメモト

このようにペルソナを明確に決めてターゲットを絞り込むと、特定の人に振り向いてもらえる記事が書けますよ!

また、マイナーな部分で戦えるので競合も少ないので上位表示を狙いやすいです。あまり絞りすぎると検索するユーザーがいなかったりするので注意が必要ですが、キーワードプランナーなどをチェックして「このキーワードなら検索されるかな?」と考えながらタイトルを作るといいでしょう。

ペルソナ設定の方法

では具体的なペルソナ設定の方法をご紹介しましょう。

データを集める

ペルソナを設定する時にまずやるのが「データ集め」です。まずはどんな悩みを持ったユーザーがいるのかを把握して、その中から狙いたいターゲットを絞りましょう。

サジェスト検索、キーワードプランナー、ヒアリング、ヤフー知恵袋、アンケートなどを使って顧客に関するデータをどんどん集めましょうね。

サジェスト機能で顧客のニーズをおおまかにチエック

ユーザーの悩みを簡単にわかるのがGoogleの「サジェスト機能」です。

サジェスト検索とはGoogleが関連するキーワードを予想してくれる機能のこと。例えば「脱毛」というキーワードを入れると、「脱毛 自宅」「脱毛 医療」「脱毛 サロン」といった予測キーワードを出してくれます。脱毛とセットでこんな検索ワードがよく調べられているのです。そのため、サジェストされるキーワードはユーザーの悩みをよく反映していますね。

そして気になるキーワードを見つけたら、これをさらにサジェストしましょう。例えば「自宅」というキーワードが気になったなら、次のようにサジェストし直します。

そうすると自宅のニーズがざっくり見えてきます。「自宅 VIO」「自宅 効果」「自宅 おすすめ」「自宅 ケノン」などに関して気になる人が多いようですね。ここからさらに「自宅 VIO」でサジェストしてみましょう。

ここまでくるとなんとなくユーザーのニーズが見えてきませんか?

  1. 永久脱毛を自宅で出来るのか?
  2. vio脱毛を自宅でやるには?
  3. 自宅でvio脱毛するおすすめの方法は?

おそらくこんなニーズがあるでしょう。つまり自宅でvio脱毛したいと思っている人は多そうですね。

こんな風にしてペルソナ(=今回の場合は脱毛の「自宅」が気になっている人)はどのような悩みがあるのかを掘り下げていき、よりいっそうペルソナを明確にする方法です。

ただサジェスト機能でユーザーの全体をチエックするのは大変なので、基本的にはキーワードプランナーを使いましょう。こちらのサジェスト機能は特定のニーズをおおまかにチエックする時におすすめです。

キーワードプランナーで具体的なボリュームをチエック

うどんおじさんうどんおじさん

詳しく分析するならキーワードプランナーを使うのがオススメだよ!

もっと詳しく分析するなら、「キーワードプランナー」を使って具体的な検索ボリュームを測ってみましょう!

検索ボリュームとは「1ヶ月のうちに何回そのキーワードが調べられているのか」という数字です。この数字が多いキーワードはニーズが高いキーワード(=顧客がよく悩むポイント)、数字が小さいとニーズの少ないキーワード(=悩む人は少数)です。これを簡単にチエック出来るのがキーワードプランナーというツールなのです。

かもネギくんかもネギくん

ほう。こっちのほうが数字がハッキリわかるわけ!

例えば「脱毛 自宅」で検索をかけると関連キーワードとして以下のような結果になります。

検索結果は100件以上表示できるので、どんなニーズがあるのかをチエックできますね。たくさんの検索結果を見ていくとユーザーがどのような悩みを持っているのか見えてきて、ペルソナがより明確になります。

ただ、検索ボリュームがただ大きいのが良いわけでもありません。検索ボリュームが大きいキーワードはそれだけライバルも強いので勝ち上がることは難しいですし、それほどでもない悩みを持ったユーザーが集まりやすいですよ。

なので検索ボリューム100〜1000程度のスモールワードか、1000〜10000程度のミドルワードを狙いたいです。そんなワードを狙ったほうが競合が少ないので上位表示が比較的楽ですし、深い悩みを持った買う気のあるユーザーを捕まえやすいですね。

よって少しだけマイナーなキーワードを狙って、濃い顧客が集まってきそうな稼げるポイントを探しましょう。それこそがペルソナ設定をする上で非常に重要です。

ヒアリングも立派なデータ収集

ヒアリングとはまさに商品の利用を考えている人/使用している人に会って話を聞くことです。

その人がなんで商品に関心をもったのか、商品を持つことでどんな悩みが解決されるのか、商品を買う上で妨げになることは何なのかを精査するいいです。

するとデータだけではわからない顧客の悩みが見えて、ペルソナがよりクリアになります。

データから情報を取り出す

データを集めたら、それからペルソナを作るときの基本情報になる内容をリストアップしましよう。

ペルソナを構成する要素

1.年齢
2.性別
3.職業
4.日常生活
5.お悩み
6.趣味

こうした項目をなるべく客観的なデータに設定しましよう。するとペルソナ像が少しずつ見えてきますよ!

具体的なペルソナを書く

最後に、リストアップした情報を整理して文章にしましよう。

文章は出来る限り具体的に、まるでその人物が存在するみたいに書いていきましょう。

ペルソナ例

大手商社に入社したばかりのB子さん(22歳)。女子力が高いと同僚からはチヤホヤされており、OL生活は順調。いい仲間もできお盆休みにはみんなで海に行こうという話になる。しかし7月末になってB子はVライン問題に気がついた。今後を考えて、この機会に脱毛もアリだと思う。有名な脱毛サロン「ミュゼ」なら夏までになんとか間に合うのでは?と考える。

あとはこのペルソナの悩みを解決できるコンテンツを作るだけです。こうやってペルソナをつくり出しいけばどんなコンテンツを作ればいいのかクリアになりますし、ペルソナの心にグサリと刺さって成約を取ってこれるサイトになるはずです。

まとめ

ペルソナ設定の重要性&設定方法について今回ご紹介しました!

始めた頃はよく考えず記事を書きますが、それでは売れるサイトにはならないです。どんな人に売りたいのかブレすぎて、結果一人も買ってくれない状況が発生しがちです。

しかしペルソナをクリアに設定してからサイトを作れば、そのペルソナに近いお客さんからは圧倒的な支持を受ける売れるサイトになりますよ。

アフィリエイトで稼げる良いサイトを作るなら、何よりその準備として商品を買ってくれる顧客の情報・悩みをピックアップ、ばっちりペルソナを作ることからスタートしてみてくださいね!