アフィリするなら知っておくべきキーワードの基礎知識

かもネギくんかもネギくん

「キーワード」ってよく聞くけど、あれはいったいなんなの?

アフィリエイトには色々な知っておきたいワードが有りますが、この記事ではその中の基本中の基本である「キーワード」という言葉についてお話を始めていきましょう。

キーワードとは一体何なのか、キーワードに気を付けるとどういったメリットがあるのか、キーワードの選定方法はどんなものなのかといったことについてお話をしていきたいと思います。

↓ 記事作成が思いのままに! ↓



キーワードとは何?

グーグル検索画面
うどんおじさんうどんおじさん

キーワードっていうのは、検索エンジンで調べる時の単語のことだ!

キーワードとは検索エンジン(Google、Yahoo)で調べる時に使う単語のことを意味しているのです。

一例としてアフィリエイトについてリサーチしたい時はなんとGoogleに入力しますか?

「アフィリエイト」「アフィリエイト 仕組み」「アフィリエイトとは」「アフィリエイト 稼ぐ」「アフィリエイト やり方」といった単語を入力して検索をかけると考えられます?こういったものがすべてキーワードです。

キーワードに合わせて記事を作る!

かもネギくんかもネギくん

キーワードだから、、なんだっていうの?

うどんおじさんうどんおじさん

これらの単語でユーザーは調べるんだから、それに合わせて僕らも記事を作ってあげるのが効果的なんだ

ユーザーはキーワードで記事を調べてきます。そのため、私たちアフィリエイターも記事の中にキーワードを挿入しておいてくださいね。

一例として、「アフィリエイト 仕組み」という単語で検索するユーザーを捕まえたいのでしたら「アフィリエイト 仕組み」というキーワードを、タイトルor文中に入れておくことが必要です。【徹底解説】3分で分かるアフィリエイトの仕組み、今回はアフィリエイトの仕組みについて具体的にお話をしたいと思います。

アフィリエイトとは何…(中略)

以上がアフィリエイトの仕組みでした。本当に簡単ですね!

このようにタイトル中/記事中にキーワードを入れ込んで書きましょう。

そうでないと、いくら記事の中でアフィリエイトの仕組みを話していても、ユーザーは私たちの書いた記事を見つけ出すことができないのですからね。

かもネギくんかもネギくん

なるほど。意識してキーワードを入れておけば、狙ったユーザーを捕まえてくることができるのか。

キーワードに種類があるのです!

うどんおじさんうどんおじさん

あとキーワードには種類があるんだよ。ビッグワード/ミドルワード/スモールワードというやつだ。

かもネギくんかもネギくん

また訳のわからん単語がでてきたぞ…

キーワードにはビッグワード、ミドルワード、スモールワードという種類があります。ザックリ説明すると↓のような感じですね。

  1. ビッグワード:みんなが連想する検索数の多いキーワード
  2. ミドルワード:ビッグとスモールの中間
  3. スモールワード:ターゲットの細かく絞られたキーワード

大きく稼げるけどライバルが多い「ビッグワード」

ビッグワードは検索ボリュームの多いテーマワード単独(もしくはテーマ単独+α)のことです。例えるとこんな感じ↓

  1. テーマワード単独:脱毛、青汁、クレジットカード、水素水…
  2. テーマワード+α:「脱毛 口コミ」「青汁 おすすめ」「クレジットカード 比較」

このビッグワードでサイトを上位に表示させるのはとても難しいんです。

例えば「毛が濃くなったから脱毛したいな〜」と思ったら何と検索します?「脱毛」「脱毛サロン オススメ」「脱毛サロン 比較」「脱毛 メリット」といったキーワードで検索しませんかね?

その結果「脱毛」というビッグワード単独か、「脱毛+α」で検索をされやすいってことです。これらのキーワードで上位10位に入れば、アクセスをドッと集められるので、報酬ががっつり得られるということです。

かもネギくんかもネギくん

なるほど、ビッグワードは凄く稼げそうだな。じゃあ尚更ビッグワードで狙う方が良くないか?

うどんおじさんうどんおじさん

ビッグワードはその分かなりの強敵ぞろいだし、後から参入した人はよっぽどサイトを育ててからじゃないと勝てないぞ。

ビッグワードを狙うにも上位には企業レベルでやっているサイトもあるので、それらを打ち負かすのはかなり至難の技です。それで、アフィリ初心者がビッグワードを狙って攻めるのは避けた方が良いです。

かもネギくんかもネギくん

なるほど…確かに会社ぐるみの奴らや古参の奴らにはなかなか勝てる気がしないな。

ライバルを避ける「ミドルワード」を狙ってサイトを作れ!

かもネギくんかもネギくん

…じゃあ脱毛では戦えないの?

うどんおじさんうどんおじさん

いや、ビッグワードを避けてやればまだまだ戦えるポジションはあるはずさ。それがミドルワードだ。

前述のビッグワードは激戦区だけど、直接対決を断念すれば十分にわたり合える場所もあります。それこそがミドルワードだと言えます。

「ミドルワード」とは一定の検索数があり、少しターゲットの絞り込まれたワードです。脱毛をモデルにして言えば、ミドルワードは「Vライン脱毛 オススメ」「キレイモ 評判」「ミュゼ キレイモ 比較」という検索ワードです。「脱毛」での直接対決をやめて、もうちょっと深く話をすすめたことですね。

そして、ビッグワードでは「脱毛+α」でターゲットがぼんやりした感じでしたが、ミドルワードではある程度ターゲットが絞られます。「Vライン脱毛 オススメ」→Vライン脱毛がしたい人「キレイモ 評判」→キレイモに関心がある人「キレイモ ミュゼ 比較」→ミュゼとキレイモで迷ってしまってる人

というような具合に、ある程度ターゲットをハッキリさせてサイトを作ることができるのです。

ターゲットがはっきりした方が成約率はアップします。例えばミュゼかキレイモで戸惑ってる人が「ミュゼとキレイモ、どっちもトライしてみた私が2つのサービスを比べてみる!」という記事をみたら「あ、私のための記事だ!」と考えてジックリ見てくれるでしょう。

こんなふうにハイレベルな強豪を断念し、ターゲットを絞って勝負ができるのがミドルワードの特徴です。それだけに、ビッグワードよりは収入はダウンしてしまうことがありますが、アクセスされた時の成約率はアップします!

かもネギくんかもネギくん

なるほど、直球勝負じゃなくて変化球で勝負するのがミドルワードってわけか!

思いの外穴場?「スモールワード」

うどんおじさんうどんおじさん

敢えてスモールワードを狙って書くのもおすすめだよ。検索される量は少ないけど、敵が少ないから上位表示しやすいし成約率も高いんだ

検索ボリュームは小さ目だけど、敵が多くない上にターゲットが明確になっているので報酬につながりやすいのがスモールワードの特徴ではないでしょうか。

前述のミドルワード(キレイモ 評判とか)と比べて、一段と具体的な内容でターゲットにしていくということでしょうね。

かもネギくんかもネギくん

…ちょっとまた脱毛の例で説明してくれないか?

それでは、また脱毛をモデルにしてお話をしていきましょうか。

一例として「花嫁姿を綺麗に見せたいから結婚式までに脱毛したい人」がいたとしましょう。この人はどんなキーワードで検索すると考えますか?

「脱毛 結婚 間に合う?」「ブライダル 脱毛」「全身脱毛 結婚まで」とか検索しますよね!

そんな人が「花嫁姿を綺麗に見てもらいたい!結婚式の直前でも何とかなる脱毛サロンは?」という記事が見つけられたら思わず飛びついてじっくり見てくれるでしょう。そしてちゃんとした内容の記事が書かれていたら、かなりの確率でサービスを役立ててくれるでしょう。

こんなふうに、ターゲットをかなり明確にイメージして記事を作ると、限られた読者さんの心にグサリと刺さるに違いありません。そんな記事なら、少ないアクセス数でも多くの申込みがあるかもしれまんせんね!

かもネギくんかもネギくん

なーるほど。ターゲットをかなり絞って記事を書くと少ないアクセスでも報酬が狙えるわけか!

そういったことです。スモールワードなら強豪を断念して戦える上に、上位表示もしやすく、見てもらえた時の報酬もでっかいです。だからこういったキーワードをターゲットにして記事を書くのも十分にありですですよ!

月3万を達成するためのキーワード選定方法

かもネギくんかもネギくん

で、結局どのキーワードから狙っていけばいいんだろうか…?

うどんおじさんうどんおじさん

最初はミドル〜スモール狙いでアクセスを集めてこられるようにしていけばいいと思う!

アフィリエイトで月3万を達成するには、まずミドル〜スモールワード(ロングテール)をターゲットにして記事を作っていくことが重要です。

ミドル~スモールワードはライバルが比較的弱いところもあり、まだまだ上位表示できるチャンスが転がっています。そこで、サイト開設直後のうちはミドル~スモールワードをあえて狙って、アクセス数を稼いでいくようにしてください。

ではそのミドル〜スモールワードというのはどうやって見つけていくのかをご紹介しますね。

サジェスト機能で需要のあるキーワードを探すには

需要のあるキーワードを簡単にわかるのがGoogleの「サジェスト機能」です。

サジェスト検索とはGoogleが関連するキーワードを予想をたててくれる機能のこと。例えば「アフィリエイト」というキーワードを入れると、「アフィリエイト やり方」「アフィリエイト 稼ぐ」「アフィリエイト ブログ」といった予測キーワードを表示してくれてますね。

これは、アフィリエイトという言葉とセットでこのような検索ワードがよく調べられていることで、以下のような悩みを持ったユーザーが多いケースことがわかります。

  1. 「アフィリエイト やり方」アフィリエイトのやり方を知りたい
  2. 「アフィリエイト 稼ぎ方」アフィリエイトの稼ぎ方を知りたい
  3. 「アフィリエイト ブログ」アフィリエイトをブログでできるか?

あわせてこれらのキーワードをタイトルに入れ込んであげると、多くの読者に読まれる売れる記事になりやすいということなのです。

キーワードプランナーで具体的なボリュームを知る

サジェスト機能でターゲットにするキーワードの当たりをつけたら、次は「キーワードプランナー」を使って具体的な検索ボリュームをチェックしてみましょう。

検索ボリュームとは「1ヶ月のうちに何回そのキーワードが調べられているのか」という数字を示しています。この数字が多いキーワードほどニーズが高いキーワード、数字が小さいとニーズの少ないキーワードということになります。これを簡単に調べられるのがキーワードプランナーというウェブツールなんですね。

ただし、検索ボリュームが大きい方が良いわけでもありません。検索ボリュームが大きいキーワードというのはそれだけライバルも恐ろしく強いので勝ち上がることは簡単ではありませんし、抽象的な浅い悩みを持っユーザーばかり集中しやすいのです。

そのため、できれば検索ボリューム100〜1000程度のスモールワードか、1000〜10000程度のミドルワードを狙っていきたいところです。このようなワードを狙って行ったほうが競合が少ないので上位表示が比較的楽ですし、深い悩みを持った購買意欲の高いユーザーを捕まえて来やすいのです。

「キーワード」のまとめ


アフィリエイトのめちゃくちゃ基本、キーワードについてのお話でした。

ユーザーはキーワードを活用して悩みの解説策を探してきますので、私たちアフィリエイターはそれに合わせて記事の中にキーワードを入れ込んであげましょう。こうやれば、きちんと狙ったユーザーを引き込んでくることができるのですよ!

例えば需要のあるキーワードが分からなければ「キーワードプランナー」などのツールで特定できるのです。

しかし、そのキーワードで上位表示可能かはまた別です。アフィリ初心者で上位表示を狙うならミドル~スモールワードという”検索数は少ないけれどニーズがあるキーワード”をターゲットにして記事を書いていくのがベストですね。

ちょっと難しい言葉も出てきたので混乱したかもしれないけれど、ひとつずつ用語を整理してコツコツと理解を深めるようにして下さいね。

2.アフィリエイトの基礎へレッツゴー