【2020年版】WordPressのおすすめプラグインBest10

WordPressプラグインって、WordPressの機能拡張が出来る便利ツールです。

なんとWordPressではできないことって意外とたくさんあります。例えば「お問い合わせフォーム」って、自前でコードを書かないと作れなんですよ。

ただ自前でプログラムコードを書けなくても、プラグインを活用したら以下のような追加機能が使えることになります!

プラグインでできること

1.アクセス統計
2.目次作成
3.表作成
4.お問い合わせ作成
5.サイトを高速化

ここでは、WordPress利用者ならば絶対に入れておくべきプラグインBest10をラインナップしました。

ここらはうどんおじさんが利用しているプラグインで、どれもサイトを運営する上で役立つものだけです。では、1つ1つ紹介していきたいと思います。

↓サイト作成 を想いのまま!↓



【2020版】おすすめWordPressプラグイン

さっそくおすすめプラグインを紹介していきたいと思います。なお今回紹介するプラグインはたった10個のみにしてます。

プラグインは入れすぎるとお互いに干渉してデメリットとになったり、サイト表示速度を遅くするもとになったりしますから入れすぎはNGですよ。

それで、今回は100パーセント必須なプラグインのみを紹介させていただきます。

サイト運営に必須のプラグイン

Rinker

Rinkerはやよいさんによって開発された「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」の売上アップの力になってくれるプラグインなのです。

うどんおじさんうどんおじさん

これは超必須プラグイン!

具体的には、以下のような商品リンクを発行できますよ。

アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79created by Rinker

とにかくぜったいに必須になるプラグインです、ダウンロードして必ず使えるようになっておいてください!

Jetpack

Jetpack(ジェットパック)はサイトのアクセス統計を取得することのできるプラグインです。

数あるプラグインの中で、うどんおじさんはもっとも重宝しています。

うどんおじさんうどんおじさん

ジェットパックを使うと、アクセス状況が一目瞭然になるよ!

メインサイトのアクセス状況のチェックに活用しています。検索エンジン・SNS・外部リンク等からどのぐらい程度の流入があるのかは、このプラグインを入れて入れば一発で把握できるようになるので非常に役立ちます。

ただJetPackは1つのプラグインにたくさんの機能が入っていてブログの支障が出ることがあるので、アクセス統計を除く機能はOFFにして使うことが重要です。

AddQuicktag

AddQuicktagは記事投稿画面に機能的なタグを追加してくれるプラグインです。これもほんと必須。

WordPressで記事を作っていく上でよく使うショートコードなどがあるでしょうが、AddQuicktagにそれを登録していれば、それをすぐに取りだして再利用出来るようになります。

うどんおじさんうどんおじさん

よく使うタグは全部AddQuicktagに登録しておこう!

いち早く記事を仕上げていく上ではこのタグ活用はかなり大切です。必ずインストールして利用しましょう!

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusは、自動で次のような目次を作ってもらうプラグインです。

かもネギくんかもネギくん

見出しがあると見やすくていいな!

うどんおじさんうどんおじさん

賛否あるけど、うどんおじさんはあった方がいいと思うよ!

これはこちらのサイト(当記事)でもセットにされていて、見出し(h2・h3・h4)にマッチするように目次を自動作成してくれています。

目次があると読者として使いやすいし、読みたい部分にすぐに飛ぶこともできるから、ユーザービリティもアップします。実際、ヒートマップでリサーチしてみると、目次はとても見られていますし、読者の気になった項目はアクティブにクリックされています。

シンプルにユーザビリティを高めてくれるプラグインだから、導入する価値はぜったいありです!

TablePress

TablePressはテーブルをサクっと作れるプラグインです。

うどんおじさんうどんおじさん

表があると情報が読みやすくなって便利だよ!

表は複雑な情報・サービス比較もひと目でわかる状態にできるから、ユーザーの理解を深めやすいです。特に2商品を対比するような場合には活躍してくれますね。

またテーブルに情報をうまくまとめてやると、SEOでも評価されることが多いですね。実際、テーブル+解説文がGoogle検索結果に抜粋されるといったこともあるのです。

このプラグインを使えば簡単にテーブル作成はできるから特におすすめですね。

Contact Form 7

Contact Form 7はお問い合わせフォームを作成できるプラグインです。

かもネギくんかもネギくん

お問い合わせって・・・必要なの?

うどんおじさんうどんおじさん

あったら読者とつながれるし、広告主とコンタクトを取れるときだってあるよ!

「お問い合わせなんて重要なのか?」と思うかもしれないのですが、ユーザーからの質問を受け付けることが可能だったり、ASPや広告主から直接オファーが入ることだってあります。サイトの信頼性にもなりますので、お問い合わせページは必ず作っておくべきですね。

このContact Form 7を使えばあっさりとお問い合わせフォームを作ることができるから、ぜひ導入しておいてください!

Word Balloon

キャラクター同士で会話させるなら「Word Balloon 」という会話プラグインを使うと良いですね。

うどんおじさんうどんおじさん

この会話は、このプラグインで作られているんだよ!

かもネギくんかもネギくん

え、そうなの!?

会話をあちこちに入れてあげると文章に豊かさが見れますし、内容が平易になるので、難しい内容であってもわかりやすく読者に伝えることができるのです。それが会話形式の一番大きいメリットですね。

サイトの高速化プラグイン

うどんおじさんうどんおじさん

はサイト高速化に役立つプラグインを4つ紹介するよ!

サイトを便利にするのも大事なんですが、サイトを高速化するのも同時に大切になるのです。

たとえサイト内に良い情報が詰まっていても、ガチガチに重いサイトなど誰も見たいとは感じませんし、開く前に退場されてしまいそうです。するとGoogleの評価はガクッとダウンしますので、SEO面でも良くはないですね。

かもネギくんかもネギくん

確かに重いサイトは嫌だ。帰りたくなるね。

最近は格安SIMなどの導入があり、通信速度がそこまででないデバイスを使っているユーザーさんもいるのです。そういった方に応えられるよう、ぜひともサイトを高速化してストレスフリーのサービス提供に心掛けましょう。

それ専用のプラグインが以下の4種です。それらがあなたのサイトを高速化する力を発揮してくれるでしょう。

lazy load

うどんおじさんうどんおじさん

画像の読み込み範囲を制限すると、サイトは劇的に速くなるよ!

かもネギくんかもネギくん

そんなことができるの!

Lazy Loadは画像の読み込みを見える範囲だけにすることで、サイトの読み込みを速くするプラグインです。

普通、サイトを読み込む際には全画像を読み込んでから表示することから、画像が多いと表示速度がかなり遅くなってしまいます。

ただしLazy Loadを使うと、ユーザーに見える範囲の画像だけ読み込んでくれるので、サイト表示速度はとてもと速くなることになります。高速化を考えるなら、一番に入れておきたいプラグインですね。

EWWW Image Optimizer

うどんおじさんうどんおじさん

画像圧縮はEWWW Image Optimizerが一括でやってくれるよ!

EWWW Image Optimizerは、WordPressにアップロードされた写真を圧縮してくれるプラグインです。

写真はシンプルなコンテンツを作るには必須となりますが、それと同時にサイトを低速化させてしまうデメリットがあります。

そんなデメリットを減らしてくれるプラグインの1つが、EWWW Image Optimizerというわけです。

今からアップロードする写真は自動で圧縮されますし、今までアップロードした画像でも一括圧縮することが可能といった辺りも嬉しい点です。ぜひインストールをしておいてください。

Autoptimize

Autoptimizeを使うと、HTML/CSS/JavaScriptといったコードを圧縮して高速化してくれます。

WordPressはHTML/CSSなどのコードを読み込んでサイトを表示させるために、当プラグインはそういったデータを圧縮してくれますので読み込みやすくなり、サイトを表示させる速度が速くなるということなんですね。

かもネギくんかもネギくん

なるほどなるほど・・・

うどんおじさんうどんおじさん

これはインストールするだけでそのまま使えるから、難しいこと考えなくても大丈夫だよ!

基本的に設定不要なプラグインなので、ぜひ活用して見てください!

WP Super Cache

WP Super Cacheは、「キャッシュ」を利用して、WordPressがページ出力する時間を短縮するプラグインです。

キャッシュとは一度アクセスしたサイトのデータを一時的に保管し、次より同じページにアクセスした際の表示を速くする仕組みです。つまりかなりアバウトに言えば、Aさんが見たサイト情報を、Bさんに使い回すという処理をすることで読み込み速度をアップさせる手法です。

このようにしてキャッシュすることで本来必要な処理がショートカットされ、サイト表示速度がかなり速くなります。

かもネギくんかもネギくん

必要な処理をショートカットするの!!!

うどんおじさんうどんおじさん

そのぶん不具合が出やすいから、バックアップを取った上で注意して使わないといけないけどね。

ただしこのキャッシュプラグインによる、記事を修正しても画面上に反映されてない、ユーザーからのコメントが反映されなかったりします。これはキャッシュ(Aさんの見た情報を、Bさんへ使い回しといった処理)をやっているので、ページが更新しても反映されないというのはうなづけますね。

このため、サイトを更新する毎にキャッシュプラグインをon/offしないとダメです。その点には十分注意した上で利用するようにしましょう。

まとめ

WordPressプラグインのオススメまとめでした。

ここらで紹介したプラグインは本当に最低限必要なものしかありません。WordPress初心者の方にはちょっと難しく感じたかもしれないが、必要そうなものは1つずつ導入してもらえるとよいと思います。

かもネギくんかもネギくん

まずは必要そうなものから入れていくよ!

うどんおじさんうどんおじさん

他にも便利なプラグインはまだまだあるけど、今回は絶対入れておきたい10だけにしておく!

またあわせて、ここで紹介したプラグインはごく一部です。たくさん入れればいいというものでもくれぐれもありませんが、もっともっと便利なプラグインが世の中にいっぱいありますので、適宜あなた自身で調べながら導入を進めていくことが大事です。