【厳選】本当に役立つアフィリエイトツール!

さて、あなたはアフィリエイトをするのに、何か「ツール」をつかってますか?

もちろん自動で稼ぐツールなんてありませんが、ツールをうまく使えばアフィリエイトの収入はかなり増えますよ!

かもネギくんかもネギくん

え?ぼくあんまりツールとか使っていないんだけど、それってマズイのかな?

うどんおじさんうどんおじさん

えっとね、それはだいぶマズイ!!

だからツールをぜんぜん使ってない人は非常にもったいないです!

ツールをうまく使えば「時短になる」だけでなく「リーチできなかった情報や価値を得ることができる」のです。

その証拠に、うどんおじさんがこれまで出会った稼いでるアフィリエイターはみんな色々なツールを使いこなし、またうどんおじさんも、今でも10種類以上は日常的に使っていますよ。

ではツールがいかに重要か、実際どんなツールが有効なのかをご紹介しましょう! 

↓サイト作成を想いのまま!↓



本当に役立つアフィリエイトツール【全22種】

ツール総まとめ

  1. 写真ACイラストAC等(画像イラスト素材サイト)
  2. Rinker(Amazonアフィ)(※)
  3. アプリーチ(アプリ紹介)
  4. クラウドワークス(記事外注)
  5. MSR(リライトツール)
  6. 文賢(文章校閲ツール)
  7. 賢威(WPテンプレート)
  8. ココナラ(イラスト発注)
  9. タノムノ(イラスト発注)
  10. ColorSupply(配色参考ツール)
  11. Canva(画像作成ツール)
  12. Affinity Designer(ベクターツール)
  13. おむすびサジェスト(KW選定)
  14. 関連キーワード検索(KW選定)
  15. Ahrefs(競合分析+KW選定)
  16. GRC(検索順位チェック)
  17. サーチコンソール(アクセス解析)
  18. SEOチェキ(SEO設定チェック)
  19. JetPack(アクセス解析)
  20. WordPressアプリ(アクセス解析)
  21. Twitter(情報収集)
  22. メルマガ各種(情報収集)

これだけあればアフィリエイトをやるには十分ですね。全22種類ありますが、すべて簡単にご紹介しましょう!

【1】記事作成の補助ツール

ぱくたそ / フォトリア / O2(画像素材)

「画像」は記事をわかりやすくまとめるために外せないものですね。

しかし、基本的にWEBサイトに使えるのは著作権フリーの画像だけです。Googleからランダム拾ってくると、賠償責任リスクもあります。

そんなリスクを避けるためにも、ロイヤルフリーの画像素材サイトを利用しましょう。無料・有料といくつかありますので参考にしてくださいね!

画像素材サイトまとめ

  1. ぱくたそ【無料】
  2. イラストAC【無料】
  3. フォトリア【有料】

アプリーチ(アプリ紹介)

スマホアプリを紹介したい!そんな時に便利なのが「アプリーチ」というツールです。

アプリーチを使うと、こんな感じに↓アプリのダウンロードリンクをあなたにも無料で作れますよ!

WordPress

WordPress

Automattic無料posted withアプリーチ

アプリ紹介をよく利用するサイトは必ず使いましょうね!

読者がアプリインストールもしやすくなるし、スマホアプリ系のアフィリエイトにも応用できますよ。アプリーチ公式ページへ!

クラウドワークス(記事作成代行)

「自分で記事を書くのはイヤだー!」「外注化したい!」という人は、「クラウドワークス」を利用しましょう!

たくさんのWEBライターさんが記事作成を代行してくれますよ。1文字あたり0.5円〜1円位で、時間と労力を買えるのは大きなメリットですよね!

ただし、記事の外注化は向き不向きがありますよ。 マネージメントが好きな人は向いてますが、自分勝手な人は向いていません。そのへんはトライアンドエラーしながら試してね!クラウドワークスを利用してみる!

MSR(リライトツール) おすすめ!

これはすごい、『メイン・サイト・リライター“MSR”』は、マウス操作だけで目の前にある文章をリライトできる新発想のリライトツールですよ。うどんおじさんもお世話になっております!いつもありがとう!

操作はとても簡単で、リライトしたい文言の上でマウスを右クリックするとリライト候補が複数表示され、その中より好きな文言を選択してクリックするだけでリライト(置き換え)が完了するのです。。

ネット上にある文章や今お手元に保管している文章も手軽にリライトできてしまいますね。すごいですね。

MSR”があれば、もう文章を外注する必要もありませんし、メインサイトに掲載する文章についても頭を悩ませることがグッと少なくなりますね!

MSRをダウンロード

文賢(文章推敲ツール)

正しくわかりやすいライティングにオススメなのが「文賢」というツールです。

これは沈黙のWEBマーケティング等の書籍でも有名な「WEBライダー松尾」さんが開発した文章推敲ツールなのです。

AIが搭載されたこのツールは、文章の校閲だけでなく、場面に沿った言い回しの提案もしてくれますよ。外部メディアへの寄稿をよく行っている人や、文章を間違えたくない人、文章表現をさらに磨きたい人にもおすすめです。文賢の販売ページへ

賢威(WPテンプレート)

えっと、うどんおじさんは賢威WordPressテーマを作っています。

賢威の大きな特徴は、超初心者でも挫折しない「使いやすさ」ですね。

賢威の特徴まとめ

  1. デザインが誰でも簡単にできる
  2. それでいてバリエーションが効く
  3. 記事の書き心地がとても良い
  4. アフィリエイトの機能が詰まっている
  5. SEOのノウハウも活かされている

↑このような特徴をもったテーマとなっています。

アフィリエイトをする上で大事なのは「記事の質、書きやすさ」です。だから「デザインに時間をかけたくない」「サイト記事は美しく仕上げたい」ですよね。

そんなわがままをすべて叶えるのがこの「賢威」というテーマです。

価格は24800円と決して安価ではありませんが、最大限の「心地よさ」と「時短」を提供できる自信があります。このキャッチが気になってくれた方、是非ご活用ください!

賢威をダウンロード

【2】デザイン系ツール

ココナラ(イラスト発注)

イラストを作りたい時はココナラのサービスを使うとよいですね!

ココナラにはたくさんのクリエイターが登録していて、サイトの個性を出すための「アイコン「ロゴ画像」「バナー画像」「オリジナルキャラクター」などを作ってもらえますよ。

例えば、オリジナルキャラクターなら1作品あたり3000円ぐらいで作れますよ!書いて欲しいキャラのイメージ・コンセプト・画風・色合い・表情・ポーズなどを明確に伝えておくと、イメージに近い作品を作ってもらえます!

これからは個性があるサイトなら勝ち残れますからね!オリジナルイラストはかならず活用して、ライバルとの差別化をどんどん計りましょう!ココナラでイラストを依頼!

タノムノ(イラスト発注)

イラスト外注で役立つのが「タノムノ」というサービス。クリエイターと依頼者を繋げる仲介サービスです。

タノムノにはイラストレーターさんがたくさん情報登録してますので、ご自分とフィーリングが合えば、直接メッセージを送ってイラストを依頼することができます。

対してココナラと比べるとまだまだクリエイターさん自体の数が少ないのはデメリットです。またココナラよりもクリエイターとの距離感が近いサービスなので、こちらが気に入る人にはおすすめです!タノムノでイラストを依頼!

Canva(画像作成ツール)

画像作製は好きじゃないけど「おしゃれなキャッチ画像を作りたい!」という人に特にオススメなのが「Canva」というWEBサービスです。

キャッチ画像は記事のシンボルとなる重要なパーツだから素敵に仕上げたいですが、そんなにハイレベルなベクター技術が使えない・・・という人にオススメです。Canvaで画像作成してみる!

ColorSupply(配色参考ツール)

サイトの 「アクセントカラー」 「テーマカラー」を決めるときに役に立つのがColorSupplyのサービスです。

好きな色をチョイスだけで自動的に「適合性の良い色」を教えてくれます。もしデザインにマイナスイメージを持っている人も大丈夫。これからサイト作りをする人は配色の参考にするといいでしょう!ColorSupplyを使ってみる!

Affinity Designer(ベクターツール)

ベクターイラストの入門者に特別おすすめなのが「Affinity Desinger」というツールです。

ベクターツールは使いこなすまでに多少時間がかかりますが、基礎を習得するだけでもあなたの表現力がぐっと広がりますよ。デザインをこれからぐ~んと伸ばしたい人におすすめです。Affinity Designerを使ってみる!

【3】キーワード選定ツール

おむすびサジェスト(キーワード選定)

キーワード選定にとても役に立つのが「おむすびサジェスト」というツールです。

このツールはキーワードの関係性をビジュアル的に見れるようにしてくれる便利なツールで、サジェストキーワードを一目で探したいときや、サイト設計をじっくり検討したいときに重宝します。

ただし細かなキーワードは出ないので、次で紹介する「関連キーワード検索」を使うと良いですね!おむすびサジェストへ!

関連キーワード取得ツール(キーワード選定)

「関連キーワード取得ツール」は、キーワードのサジェストを網羅的に調べるツールです。

これを利用してアタックしたい穴場キーワードを探していくのがいいでしょう。ただしライバルも同じツールを使っていますので油断は禁物ですね。。思いつきでひらめいたキーワードで記事を書くことも大事です。関連キーワード取得ツールへ!

Ahrefs(競合分析+キーワード選定)

「Ahrefs」は競合分析+キーワード選定ができる有料ツールです。

競合サイトの集客経路や被リンクの分析のみならず、キーワードの検索ボリュームを調べることもできます。中級者向けですがお金のことが気にならない人は利用してみて下さいね!Ahrefsへ!

【4】サイト分析ツール

GRC(検索順位チェック)

もっとも有名な検索順位チェックツールがGRCですね。

これを使えばあなたのサイト順位の動向をチエックできます。検索順位チェックはサイトがちゃんと育っているか調べる重要な情報源ですよね。

GRCの料金はプランごとに異なりますが、年間1万円も払えば普通の人には十分ですよ。「登録するのが結構複雑なところ」以外ば最高のツールだといえます(Windows対応、最近Macの動作にも対応)

ライバルサイトのキーワード順位も追うことができ、グーグルのアルゴリズムの動向を研究することも可能です。初心者から上級者まで、みんな使うと有益ですね!GRCを使ってみる!

サーチコンソール(キーワード分析)

「サーチコンソール」は流入元キーワード(どんなキーワードで検索されて記事が読まれているか)を知るときに有効なツールです。

検索順位に対するクリック率もよくわかるので、使い方によりお宝キーワードを発見できます。順位が低いのにクリックされ読まれるキーワードは補強すれば儲かりますよね!サーチコンソールを使ってみる!

SEOチェキ(SEO設定チェック)

SEOチェキは 「メタタグ」「h1」 「タイトルタグ」「ディスクリプション」などSEOの重要情報がわかるツールです。

あなたのサイトのURLを入れてSEO設定に問題がないかを調べたり、ライバルサイトのURLを入れてチエックもできます。サイトを作ったらここでタグ設定を確認しましょう。SEOチェキを使ってみる!

JetPack(アクセス解析)

アクセス解析は「Googleアナリティクス」が有名ですが、日々のチエックはWPプラグインの「JetPack」でもOKだと思います。

WordPressの管理画面から 「記事ごとのアクセス数」「流入元URL」 「アクセスの推移」「出口URL」を簡単にチエックでき、これほど便利なものはありませんね!。JetPackを使ってみる

WordPressアプリ(アクセス解析)

もうひとつアクセス解析で楽ちんなのがWordPressのスマホアプリ!

JetPackを入れるとスマホからアクセス数をチエックできるので、この組み合わせが良いですね。

WordPress

WordPress

Automattic無料posted withアプリーチ

【5】情報収集系ツール

Twitter(貴重な情報源)

アフィリエイトの情報収集ツールでもベストなのが「Twitter」です。どんな情報商材よりも1000倍有効ですね!

Twitterには著名なアフィリエイターやブロガーが集まっていますので、この人たちをフォローしておけばアフィリエイト情報が自動的に入手できますよね!

その他:書籍+メルマガ等

「本」や「メルマガ」だからこそ得られる情報もとても多いです。

Twitterは細切れの情報がたくさん得られますが、まとまったノウハウを求めるなら本やメルマガが向いていることもあります。

アフィリエイトに役立つ情報を配信しているメルマガもたくさんあります。↓こんなサービスも積極的に利用してくださいね!

アフィリエイト関係のメルマガ

  1. もや嫁メルマガ
  2. なかじメルマガ
  3. はしこメルマガ

まとめ – 紹介したツールについて

ツール総まとめ

  1. ぱくたそ等(画像素材サイト)
  2. Rinker(Amazonアフィ)(※)
  3. アプリーチ(アプリ紹介)
  4. クラウドワークス(記事外注)
  5. MSR(リライトツール)
  6. 文賢(文章校閲ツール)
  7. 賢威(WPテンプレート)
  8. ココナラ(イラスト発注)
  9. タノムノ(イラスト発注)
  10. ColorSupply(配色参考ツール)
  11. Canva(画像作成ツール)
  12. Affinity Designer(ベクターツール)
  13. おむすびサジェスト(KW選定)
  14. 関連キーワード検索(KW選定)
  15. Ahrefs(競合分析+KW選定)
  16. GRC(検索順位チェック)
  17. サーチコンソール(アクセス解析)
  18. SEOチェキ(SEO設定チェック)
  19. JetPack(アクセス解析)
  20. WordPressアプリ(アクセス解析)
  21. Twitter(情報収集)
  22. メルマガ各種(情報収集)

どれも超便利なツールなので、使っていないものがあれば利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、アフィリエイトはツールを使うだけでは、かんたんに稼げる保証はありません。

結局大切なのは「ユーザーの役に立つ記事を書くこと」「その記事を収益化すること」なので、ツールはあくまでも脇役なのです。使えば月5万円稼いでくれるような虫よ良い話はないですよ。

うどんおじさんうどんおじさん

ツールはあくまでも補助だよ!メインはあなた!

かもネギくんかもネギくん

あぶないあぶない、ツールに魂を売るところだった。。

しかし、ツールを使うことで知らない情報が得られたり分析ができたり、記事のアピール力が強くなります。時短はもちろん日常では分からない場所にリーチできちゃう力をくれるのがツールです。

なのでGoodなツールはぜったいに使いこなしていくことが大切です。もちろん適性はありますので、あなたに合ったものを入手して淡々とツール武装してくださいね!

\ サイト作りにおすすめサーバー /