記事完成の9割を決める「リード文」の書き方?

記事を書く上で一番大切な部分は「冒頭文(リード文)」なの知っていました?

冒頭文(リード文)とはずばり今あなたが見ているこの部分です。この冒頭を流しがちな人っていると実感していますけど、ポイントは「読者の悩みへの共感」や「悩みの解決策を提示」したりするの非常にとって重要な要素なんです。

かもネギくんかもネギくん

え、冒頭なんてぼくはいつもテキトーに流してたんだけど。

うどんおじさんうどんおじさん

いやいやそれではもったいないよ。ちゃんと読者の心を掴む冒頭にしておくと、本文もきっちり読んでもらえるからね!

この冒頭部分をちょうどよくておくことで、読者の心をググッと引き込む記事に仕上げられます。それもあって、きっちりとした書き方を確固たるものにしておきたいですよね。

さっそくその冒頭の書き方のポイントというのを、この記事ではご説明させていただきましょう!

↓サイト作成を想いのまま!↓



リード文(冒頭文)のミッション

リード文には「読者の悩みに共感する」「悩みの解決策を提示する」という2つの重要な役目があります。この2つをやっておくと、読者の信頼をつかみ、商品が売れやすくなる記事へとまとめ上げることのできるんです。

このわかりやすい方法を例を交えつつご紹介させていただきますね!

読者の立場に共感せよ

はじめに重要なのが読者の立場に必ず共感のスタンスを示すことが大事です。

一例としてあなたが「格安SIM」を販売したいとしましょう。サイト作者のあなたとしては格安SIMにおいてよく知っている状態ですが、読者からすれば「格安SIMについてさっぱりわからないから力になってほしい」という状態なのです。

それではこのギャップを埋めるために「共感」というやり方を活用していきます。

共感するテクニック例

格安SIMは「スマホをお安くできるサービス」っていうのは聞いたことがあるけど、正確な内容になるとあまりわからないという人は多いですよね。SIMとかSIMフリーとかハッキリわからない言葉ばかりなので、難解なイメージを持たれるのも無理はないかと考えます。

こんな風に読者の悩みを理解して、それに共感する姿勢を示すというわけです。

これなら読者になると、「この記事を書いてる人はわたしのことよく理解してくれてるんだな」と思うのです。

そうすると記事の作者を少し信頼ができることになるので、記事の次を読みたくなるし、この記事が紹介する商品なら手にしても心配はないかという安心感をもたらすことにもつながります。

悩みの解決策を提示せよ

これまでは格安SIMってなんか難しいという共感を示していたんですよね。これにより読者の信頼は少し掴めてきたようです。

その事からここで「この記事を読めばその悩みは解消されるんですよ」というように話をグルッと一変させにいきます。

悩みの解決策を提示

それでも格安SIMって意外と難しくはないんです。これから紹介する方法さえわかっておけば、誰でも簡単にスマホ代を割安にすることが可能なサービスなのですよ!

そのためこの記事では、格安SIMでスマホ代を割安にする簡単な方法につき詳しく紹介させてもらいましょう!

こんなふうに、「格安SIMは難しそう」という悩みに共感した上で「記事を読めば悩みはいとも簡単にクリアできる」という風に一気に一変させます。

これなら読者としては「ボクの悩みもクリアできるのかもしれない!」という期待感が溢れてきますし、記事の作者がひどく心強く感じられますね。

そのため記事をしっかり読んでもらえますし、記事の成約率だってアップしてくるはず。それもあって冒頭のつかみというものは大切なのですよね。

まとめ

リード文のポイントとは

  1. 読者の立場に共感する
  2. 悩みの解決策をリストアップする

リード文で気を付けたいのはこの2ポイントだけです。

とにかく大事なのは「共感」ですよ。簡単なテクニックですけれど、これを忘れがちな人は非常に多いように感じられます。

それでは読者の立場にしっかりと共感を示したほうが良いでしょう。それだけでも「この記事の話すことは信頼に値するかも知れない」と思ってくれるので、読者が続きを読みたくなる記事ではないですか。

けれど逆に、共感の姿勢を示していない状態で「私の今から言う方法はすげーからついて来い!」とだけ言われたとしても、多くの読者は不安を感じてしまいます。あなたの書きたいように書くブログならそれでもいいかもしれませんけれど、アフィリエイトをするケースでは相手の立場に配慮してこそ売れる文章にできあがります。

それもあって、相手の悩みにきちんと寄り添って共感した状態で、それに対する解決手段があることを示してあげましょう!